レシピ

塩麹と玄米甘酒のお雑煮


レシピ提供者:RYOYA

RECIPE PRESENT

※2014年1月末まで限定レシピ : 終了いたしました。たくさんのご利用ありがとうございました。

image01

塩麹と玄米甘酒のお雑煮

– New Year Miso Soup with Rice Cakes –

お雑煮って遠く室町時代から食されていたんですって。
武士の宴の一番最初に食べる縁起のよい料理で、雑煮を食べなければ宴がはじまらなかったそうです。

この習わしをもとに、一年の始まりである元日に雑煮を食べるようになったと言われています。

古(いにしえ)の先人にならって、お雑煮を作りましょう。
素晴らしい年の幕開けですもの。

使用食材

・塩麹
・味噌(生の生)
・玄米甘酒

image02

もずくの酢醤油和え

– Mozuku Seaweed Apple-vinegar –

ついつい食べ過ぎてしまいがちな年末年始。
だからと言って、我慢できないこの時期。
ご馳走の隣に並べてほしい1品です。

もずくって弱った胃の粘膜を修復して機能を回復させちゃう優れもの。
あっという間に完成する手軽さ。
年末年始なんて言わず、今夜からの定番メニュー間違いなしです。

使用食材

・もずく
・りんご酢
・メープルシロップ
・白胡麻

image03

発芽玄米と発芽ソバの実のおかゆ

– Thin Rice Prorridge OKAYU –

わざわざ発芽させるのには訳があります。
それはね、発芽によって、様々な酵素が活性化されるため、胚乳に貯蔵されているデンプンやタンパク質が分解され、甘みや旨みが増すからなんです。

大地の恵みが生きるために発芽するパワーを頂いちゃいましょう。

使用食材

・ソバの実
・ひじき
・クコの実

RYOYA

profile-ryoya

高嶋 綾也 (Ryoya Takashima)
誕生日:1983年12月19日

菜食というスタイルが、地球環境・全ての生物・人間の身体への負担が限りなく少ない事と、世界平和に直結しているという事を信じています。そしてそれを実践し、世の中に広めていくのが自分のお役割なのかな、と感じています。どうぞ皆さんも気軽に菜食の世界へ足を踏み入れてみてください。楽しいですよ♪

・Living Light Culinary Arts Institute公認ローフードシェフ&インストラクター
・クシマクロビオティック アドバンスド修了
・シードマイスター ジュニアコース修了

2004年
自動車の専門学校卒業後、ワーキングホリデーでオーストラリアへ。
料理を始めたのはこの頃から。

2005年
車関係の仕事で1年間ニュージーランドへ。

2006年
コリン性蕁麻疹という原因不明、治療法なしの難病に。

2007年
地球環境と動植物愛護のためにヴィーガンに。
ヒーラーの千絵花さんに手助けして頂き、蕁麻疹を克服(食事療法ではありません)。

2008年
山梨のマクロビオティックカフェ、カフェリールへ。

2009年
ローフード料理教室開講。
2011年
より広範囲での平和実現のため、ローフード料理教室から菜食料理教室へ変更。

※ ヴィーガンとは純菜食主義者の事です。
肉・魚・卵・乳製品などの動物性食品を一切食べない人の事を言います。
食だけでなく、洋服なども毛皮やシルクなどの動物性原料を使っていないものを選びます。

世界の平和のために、そして世界中全ての人が幸せに、
楽しい人生を送れるようになってもらうための手段の一つとしての、
ヴィーガンというライフスタイルをより多くの人達に気付かせてあげる事が
今の自分のやるべき事だと確信しています。
衣・食・住、この3つのカテゴリーから動物性の物を少なくする事によって

人類の水の使用量は激減し、無駄な森林伐採はなくなり、
人間に食べられるため、人間が着るための洋服になるため、
人間に利用されるためだけに『生産』される動物達はいなくなり、
化石燃料の消費量も大幅に削減できます。
畜産業は地球、動物、植物に多大な負担を与えています。

また、ヴィーガンという食スタイルが浸透していくに従って人々は健康になり、
国民の税金から支払われるかなりの額の医療負担の税金も他の道(福祉など)に使われる事が可能です。

もしあなたの周りに普通の食事をしていて体調が悪かったり、精神的に参っている人がいましたら、是非あなたがまずモデルとなってヴィーガンというライフスタイルを少しでも取り入れて実践し、健康になり活き活きとした人生を送って、周りの人の目を釘付けにしてあげて下さい。

周りの人を変えようとする努力は必要ありません。
あなたが変わってくれればそれだけで充分すぎるほどの効果が起こってきます。

地球のために先頭を切って僕と一緒に楽しく生きていきましょう!

Share This Article

Share Your Comment

Related Recipe