LLMPブログ

バニラの香りづけどうしてる?バニラビーンズ、エッセンス、パウダー、エクストラクトの違いとオススメ

誰もが魅了される芳醇なバニラの香り

バニラはラン科バニラ属の蔓性植物で、気品溢れるそのランのたたずまいから、妖艶な甘い香りを漂わせる、魅惑的な植物です。

バニラの香りは様々な分野で活用されていますが、中でもスイーツ作りにはスイーツそのものの質をアップグレードさせるに役立つ、なくてはならない素材です。少し加えるだけで、非常に品のあるスイーツへと様変わりします。また、バニラそのものが主役になるようなバニラアイスクリーム、バニラシェイクなどもありますよね。バニラの香りに魅了されてやまない方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

バニラの香り付けというと、思いつくのはバニラエッセンス、バニラエクストラクト、バニラパウダー、バニラビーンズ(バニラのさや)そのものといったところでしょうか。

バニラビーンズ、エッセンス、パウダー、エクストラクトの違い

いろいろある中でその違いがイマイチ分からないという方もいらっしゃると思いますので、まずはその違いを説明したいと思います。

<バニラエッセンス>
バニラの香り成分をアルコールで抽出したものをバニラエッセンスと呼ぶようですが、一般的に出回っているものは人口香料を使ったものが多く、カラメル色素などの添加物も使われていることが多いようです。バニラは高価なので、原料にバニラは使っていないものが多く、バニラ風味の人口香料といったところでしょうか。

価格は一番安く、どこにでも売っているので一番手に入りやすいというのが利点ではありますが、人口香料や添加物は脳や身体にどのような影響を及ぼすか分からないというのが気になるところです。中には無添加の物もあるかもしれませんので、原材料を良くチェックすると良いと思います。

<バニラオイル>
バニラの香り成分を油で抽出したものになります。アルコールで抽出したものよりも香りが若干強いようですが、バニラエッセンスと同じく、人口香料や添加物を使っている場合が多いようなので、原材料は要チェックですね。

<バニラパウダー>
バニラのさやそのものを粉砕してパウダー状にしたものです。粉末状にする段階で少し香りが飛んでしまうのか分かりませんが、香りの強さというよりも風味が豊かになる味わい深さがあります。お菓子作りやドリンク、特に、バターコーヒーや、バニララテ目当てにお求めになる方が非常に多いのが特徴です。

焼き菓子、ロースイーツ、ドリンクなど、パウダー状になっているので、使い勝手がよく、重宝します。ただし、入れ過ぎると色が茶色になってしまったり、粉っぽくなってしまうので、使う分量は要注意です。間違ってもおおさじ1などは入れないようにしましょう。

また、バニラパウダーの価格は年々高騰しており、バニラパウダー自体が手に入り難くなっています。数年前に比べると10倍以上の原価になっているのですが、それでも販売価格を10倍にすることはさすがに出来ないので頭を抱えている提供者さんは多いはずです。

<バニラビーンズ(バニラのさや)>
バニラのさやそのものを乾燥させているものです。風味、香り、共に素晴らしく、やはり、バニラのさやそのものからバニラビーンズをこそいで使用するのは、風味、香り共に一番美味しさが引き立ちます。ただ、価格が非常に高いということと、毎回、バニラのさやからバニラビーンズをこそいで使うという手間を考えると使いにくさが先に出てしまいます。

日常に気軽に・・・という意味では少し手が出しにくいかもしれません。さらに、バニラビーンズそのものが数年前に比べると10倍以上の原価になっているので世界的に大変な価格高騰が起こっています。


<バニラエクストラクト アルコール抽出>

バニラのさやをアルコールにつけて、バニラの成分を抽出した天然香料になります(中には添加物を使っているものもあるようなので要注意)。天然なので安心して使うことができ、また、比較的1本の価格が安く、量も多いので、一見、お値打ちに見えるのですが、アルコールの香りが強くバニラの香りが弱いという欠点があります。おおさじ1程度使っても・・・ん?ほんのりバニラの香り?アルコールの香り?といった感じでしょうか。

手が出しやすい価格帯のものが多いのでとりあえず。という場合には気軽に使えるアイテムです。あとは自分でアルコールにバニラのさやを漬けて手作りバニラエクストラエクストラクトを作ることも可能です。

<バニラエクストラクト HFC抽出製法>
メディシンフラワーのバニラエクストラクトが採用している特許取得のコールドプレス製法で高濃縮のクオリティの高い天然香料となります。ほんの1滴でも豊かなバニラの甘い香りが楽しめます。保存料、着色料、添加物はもちろん不使用。1本の価格が高く、手が出にくいのが難点です。

しかしながら1瓶で約200滴使用できるので、バニラエクストラクトを日常的に使いたい方にとっては意外にもコスパの良いアイテムとなります。

もちろん、私がオススメしたいのはバニラパウダー、バニラのさや、メディシンフラワーバニラエクストラクトではあるのですが、それぞれの用途、必要分量や予算、人それぞれのこだわりなどによって選ぶ基準も変わってくるかと思いますので、ご自身のシチュエーションに合ったアイテムをお選びくださいね。

オススメしたい。メディシンフラワー フレイバーエクストラクトの実力

また、バニラではないですが、ちょっとご紹介させていただきたいのが、メディシンフラワー フレイバーエクストラクト。メディシンフラワーに関してはバニラ以外にも様々なフレイバーがあります。ストロベリー、ブルーベリー、アーモンド、ヘーゼルナッツ、レモン、ミント、ラム、コーヒー、キャラメル etc…

どれも1滴で素晴らしく芳醇な香りを漂わせてくれ、1滴でガラリとフレイバーが変わるミラクルなエクストラクトです。

特にチョコレート作りの際には、様々なフレイバーが楽しめて、とても楽しくなってしまいます。

チョコレート以外にも、焼き菓子、シェイク、アイスクリーム、それからカクテルにもとてもオススメです。

私自身はナッツミルクを作る際によく使用します。

カカオにはベリー、柑橘、ラム、ナッツ系全てが合いますね。

また、コーヒーにもへーぜルナッツやアーモンド、キャラメルなどがとても合うと思います。

流行りのバターコーヒー、あるいはバニララテに少し加えて、フレイバーを楽しむのも良いアイデアかもしれません。

メディシンフラワーを使ったチョコレートのレシピはカカオバターのページからどうぞ。

 
 
<関連商品>


■ メディシンフラワー フレイバーエクストラクト
■ バニラパウダー

 
 

presented by
LIVING LIFE MARKETPLACE

 
 

YOSHIKO 投稿者:YOSHIKO